リモワ(RIMOWA)の部品専門サイト。リモワスーツケースの修理やカスタマイズ用パーツを通販。リモワのテレスコープハンドル、TSAロック、ホイール等の他、カバーも取り扱っています。

リモワのカスタマイズと修理交換用パーツショップ

リモワに使える代用部品 リモワに使える各種商品 リモワのカスタマイズ リモワの修理 TOPAS、SALSAなど 旧型リモワ用部品

古いリモワトパーズ等の交換用ゴムタイヤ

更新日:

1990年代後半から2000年頃の古いトパーズやOPAL、リンボ等に取り付けられていた初期型50mmの双輪キャスター用に、ゴムタイヤを販売しています。(取付軸径φ11mm軸の直径50mmサイズの双輪キャスター専用です)

古いリモワのキャスターは丈夫で、キャスター自体は特に壊れていないけれども、タイヤ部分のゴムが劣化してボロボロになっていたり、取れてしまっていたりするものがあります。

古い部品なのでさすがにリモワ純正キャスターへの交換は困難になっています。

タイヤがボロボロになってしまっていても経年劣化によるものなので仕方が無いですが、キャスター自体は破損していないことが多いので、タイヤ部分のゴムだけ交換できればと考えていました。

キャスター本体を純正品で新品交換できれば一番良いですが、さすがに20年以上経過したモデル用の部品はなかなか見つかりません。代用品を使ってでも新品交換できれば良いですが、キャスターの車軸径が11mmというちょっと珍しい仕様なのでそのまま使える代用品も見つかりません。

そこで、取付軸径がφ11mmの初期型50mmキャスターのリモワのみですが、ボロボロになったゴムタイヤを綺麗に取り除くと、溝状になった箇所がありますので、ゴムタイヤの内側に段差を付けてここにゴムタイヤを嵌め込むことを考え、いくつかの試作品を作りました。

初期型50mmキャスターのゴタイヤムを取り除いた状態

年々部品の入手が難しくなる古いリモワのタイヤをお探しならジョイトレードオンラインをご覧ください。

古いリモワの50mm双輪キャスターの交換用ゴムタイヤ

上の画像は柔らかい天然ゴムで試作した初期Verのゴムタイヤですが、走行感が重く感じる他、簡単に嵌め込みできる分だけ簡単に取れてしまいましたので、製品版のタイヤゴム硬度は高めにしています。

また、元々のタイヤ部分が無くなってからもそのままゴロゴロ転がして、キャスター自体が削れて樹脂ホイール部分の直径が小さくなってしまっているものも少なくありませんので、そういった状態のキャスターでもタイヤが外れずらいようにタイヤの直径を小さめにしています。

ゴム自体の素材や硬度などを変えて複数種類の試作品を製作した結果、かなり取り付けずらいですが、インラインスケートのタイヤなどに使われているのと同じウレタンゴム素材で硬度の高いゴムを使用し、販売用の製品を作りました。

ゴムタイヤだけとしてはちょっとお値段が高いですが、古いリモワのキャスターのタイヤゴムがボロボロになっている場合はご検討ください。

お求めは下記画像をクリックした先のジョイトレードオンラインでどうぞ。

古いリモワの50mm双輪キャスター用
交換用ゴムタイヤ
φ11mm軸の初期型50mmキャスター用 交換用ゴムタイヤ

-リモワに使える代用部品, リモワに使える各種商品, リモワのカスタマイズ, リモワの修理 TOPAS、SALSAなど, 旧型リモワ用部品
-

Copyright© リモワのカスタマイズと修理交換用パーツショップ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.